神奈川県生産性本部では小売、外食、宿泊、金融業の業務改善リーダーや、労働組合のリーダーを対象に「業務仕組み化セミナー」を開催します。

いま多くのサービス業では、慢性的な人手不足や、基準が不明確なことによる業務のバラつき、非効率の蔓延などによって、現場で必要とされる的確なサービス提供が実現できず、利益も上がらず、大変な苦労を強いられてます。これまで業務のマネジメントは現場任せで、ムリ、ムダ、ムラな状況がまかり通ってましたが、このままでは企業、組織としての存続や発展は望むべくもありません。これからは、自社にとって「最も重要で付加価値の高い業務を見える化」し、全社あげて取り組む「業務の仕組み化」が不可欠な時代です。

日本生産性本部・サービス産業生産性協議会では、優れた「仕組み」を持つ企業の協力のもと、経営理念をサービスの提供現場で具現化し、生産性を高めるための理論及び運用支援ツール」を開発しました。本セミナーでは、このツールを活用して自社に最適な労働生産性の向上とは何かを考え、長期的な付加価値の創出を本気で実現したいと考える組織に役立つコンテンツの提供を目指しております。より多くの組織、企業が業務仕組み化による生産性向上によって繁栄して頂きたいと願っております。

日時:2018年8月29日(水)13:30~16:30                    場所:横浜市中区(関内近辺)予定

プログラムの詳細、お申込はこちらから